JA佐久浅間

JA佐久浅間について

JA佐久浅間のご案内

地域概要

JA佐久浅間の行政区域は、小諸市・佐久市・佐久穂町・軽井沢町・御代田町・立科町・東御市(旧北御牧村地区)の3市4町にまたがり、本州のほぼ中央、長野県における東の玄関口に位置しています。古くから政治・経済・文化等あらゆる面で広域圏を形成し、管内面積は1,018km2、人口20万人余を数えています。 耕地の標高は500~1,300mに広がり、冬は寒気がかなり厳しく、昼夜の気温差が大きいのが特徴です。県下4つの平のひとつ佐久平が広がり、青く澄んだ空気と美しい豊かな自然に囲まれた地域です。 北に噴煙たなびかせる浅間山、南は八ヶ岳の高峰が連なり、東は妙義荒船佐久高原国定公園、西には夕日に映える蓼科山を望むことができます。管内を南北に詩情豊かな千曲川が貫流し、昔から人々の暮らしを潤し現在でも水質は高水準に保たれ、その豊富な水量により肥沃な耕地を形成しています。 当地区では、恵まれた自然環境・気候・立地条件を生かし、野菜を中心として米穀・果樹・花き・きのこ・畜産などの生鮮農畜産物の総合供給産地として、全国市場からも注目を集めています。

JA佐久浅間とは

いのちとくらしを育む地域づくりをめざして

当JAは地域に密着した各事業を通して、いのちを育む農業を基軸に快適な地域環境づくりのための産業や地域開発を振興し、 みどり豊かな美しい郷土、安心して長生きのできる活力ある地域の実現を目指しています。
地域社会との信頼関係を維持・向上し、地域社会の一員としての責任を果たすため本来の事業活動に加え、環境保全の活動を積極的に推進し、地域文化・スポーツ活動へも積極的に参加するとともに、地域の活動に助成を行っております。
介護保険制度への取り組みについてはふたつの厚生連病院と連携し、いち早く対応をすすめており、福祉事業を基幹的事業に位置付けております。 また、次世代を担う子供たちの健全育成を願い農業やスポーツ等を通じたイベントを積極的に実施してまいります。
21世紀は協同組合の時代といわれております。当JAも協同組合の一員としての役割を果たすためにこれからも経営理念に基づき、地域・住民の皆様本位のサービスに徹し、地域社会の発展につとめてまいります。

JA佐久浅間の概要

正式名称佐久浅間農業協同組合
代表者代表理事組合長 井出 健
本所所在地〒385-8585 長野県佐久市猿久保882番地
北緯36度15分24秒、東経138度28分53秒
標高692m
設立年月日12年3月1日
事業内容
  • 夢の広がる農村をつくる事業(生産振興事業、生活指導事業)
  • 農産物を通じて農村と都市の幸せを結ぶ事業(農畜産物販売事業、生産資材購買事業、農業機械事業)
  • 地域に密着したくらしの安心を守る事業(金融事業・共済事業)
  • 高齢者にやさしい健やかな社会づくりを応援する事業(福祉事業)
  • 毎日のくらしをいきいきと変える快適性を届ける事業(店舗・生活資材事業、自動車・燃料事業、旅行・セレモニー事業)
  • 総合力を活かして豊かなくらしづくりに貢献する事業(宅建事業)
事業所 本所1、支所・店(出張所)34、営農センター8、農機センター6、加工場4、生活福祉相談センター4、福祉施設 5、セレモニーセンター5、旅行センター1、生活宅配センター1、自動車センター5、ホームエネルギーセンター1 ほか

平成28年2月29日現在の状況

自己資本237億4,769万円
出資金65億6,492万円
組合員数30,312人
職員数1,314名
事業量 農作物販売高 186億円
購買品供給高 95億円
貯金残高 3,215億円
貸付金残高 654億円
長期共済保有高 1兆0,280億円
子会社 【JA佐久浅間株式会社アメック】
設立年月日平成4年6月1日
所在地長野県佐久市猿久保882
事業内容不動産事業全般、給油所事業
職員数77人
当期純利益49,745千円
【株式会社グリーンフィールド】
設立年月日平成11年7月1日
所在地長野県佐久市岩村田1-27-2
事業内容農業経営
職員数11人
当期純利益35,331千円