JA佐久浅間

耳より情報

農を拓く

ミニトマト

御代田町御代田 川越 信治さん


感動に出会えるミニトマトを届けたい


就農5年目を迎える東京都出身の川越信治さんは、ミニトマトの栽培に取り組んでいます。
以前はエンジニアとして勤務していましたが、中学生の頃から農業に興味があったことから就農を決意。軽井沢や東京の農業法人に勤務し、ミニトマトの栽培に取り組むことを決め、平成29年に独立して就農しました。現在、3棟のハウスで高糖度の中玉種「フルティカ」を栽培し、年間約6トンを出荷しています。
川越さんは「まだまだ勉強し、経験を重ねる毎日。口にした瞬間、感動や驚きに出会えるミニトマトを届けたい」と話しています。

  •  
  •