JA佐久浅間

耳より情報

農を拓く

リンゴ

佐久穂町高野町 笠井 至行さん


生涯現役でリンゴをつくりたい

神奈川県出身の笠井至行さんは、佐久穂町海瀬の約70aの圃場でリンゴの栽培に取り組んでいます。
東京でデザイン関係の会社に勤務していましたが、生涯現役で続けられる仕事をしようと決意。都内で開催された新規就農フェアに参加するなどし、平成28年に長野県農業大学研修部に入学。里親研修を経て、平成30年に独立して就農しました。
現在は「シナノスイート」「シナノゴールド」「シナノドルチェ」など7品種を栽培しています。
笠井さんは「せっかく長野県に来たので、長野県オリジナル品種へのこだわりを持ち、美味しさを伝え、生涯現役で美味しいリンゴをつくりたい」と話しています。

  •  
  •