JA佐久浅間

耳より情報

農を拓く

プルーン

佐久市取出町 高見澤 俊平さん


最新技術で美味しいプルーンをつくる


3年前に就農した佐久市取出町の高見澤俊平さんは、父の良平さんと佐久穂町海瀬の2haの圃場でプルーンの栽培に取り組んでいます。
「サンプルーン」や「サマーキュート」など約20品種を栽培し、年間およそ30tを出荷しています。また、2年前から樹高を抑えて日光を満遍なく当てるジョイント栽培に着手し、来春には50aまで拡大する予定です。「ジョイント栽培は高品質なプルーン栽培の新たな技術として期待している。さらに磨きをかけ、お客様に喜ばれる美味しいプルーンをつくりたい」と話しています。


  •  
  •  
  •