JA佐久浅間

耳より情報

郷土探訪 【小諸市】

鷹取山玄江院(小諸市耳取)

鷹取山玄江院は、小諸市耳取地区にある曹洞宗の寺院です。寺記によると、文正元年(1466)に耳取領主大井貞隆が開基となり天龍山万福寺を創建したものの、戦国争乱の世で次第に荒廃。復興が不可能なことを知った鷹取城主大井民部少輔政継は城に近い隠館「玄江」を寄進し、新たに造営した仏寺が玄江院とされています。

境内には仁王像が安置される山門や枯淡な庭などのほか、享和4年(1804)に建立されたと伝わる薬師堂があります。内部には小諸市重要有形文化財に指定される宮殿があり、室町時代中期頃の一流作者の手による優品として知られています。

アクセス
上信越自動車道佐久ICから車で約15分
  •    

    本堂

  •    

    薬師堂

  •    

    山門の仁王像