JA佐久浅間

耳より情報

いきいき健康相談 【皮膚】

魚の目

魚の目とタコの違いを教えてください
足の裏に痛みを感じたので触ってみると、表面の皮が硬くなってその奥に芯のようなものがあります。これは魚の目とタコのどちらでしょうか。(40代・男性)

皮膚がくさび状に皮膚の奥へ厚くなる魚の目

魚の目やタコは、手足のある部位の皮膚が厚くなる病気です。その原因は、スポーツや職業、趣味などにより、手足の特定の部位に繰り返し圧がかかることにより、生理的な防御反応として起こります。その他の原因として、ハイヒールなどの先端のとがった靴や大きすぎる靴を履いて歩行することで起きることもあります。外反母趾や足の指の変形がある場合にも不均等に足に圧力がかかるので、発症しやすくなります。
魚の目とタコの違いは、ひと言でいうと眼があるかどうかです。魚の目は皮膚がくさび状に皮膚の奥へ厚くなるため、くさびの中心が固い眼として触れるようになります。一方、タコは皮膚の表側が厚くなるので、板状に皮膚が硬く触れるようになります。
治療は厚くなってしまった皮膚を削り、薄くすることです。具体的には、メスやカミソリなどで厚くなった部分の皮膚を削り取る方法と、スピール膏とよばれる皮膚を柔らかくする貼り薬を使い、硬くなった部分をぼろぼろにして崩す方法があります。


強い傷みや部位が大きい場合は感染の原因にも

魚の目やタコは圧力が繰り返しかかることで起きるので、一度削っても再び圧力がかかれば同じ場所に再発してしまいます。再発しにくくするには、原因を避けることが大切です。相談者の場合は足の裏に魚の目ができているようなので、靴の先はとがっているものは避けてやや広めのものを選ぶようにしましょう。また、靴紐がある場合は、歩行時に靴の中で足が前後にずれないようにしっかり結びます。足の変形がある方は、よくこすれる部分をガーゼなどで保護するとよいでしょう。靴の中敷きなど、自分の足に合わせて調整してくれる専門店もあるので、そういった工夫で改善することもあります。
魚の目は身近な病気ですが、痛みが強い場合や部位が大きい場合などは感染の原因になることがあるので、気になる場合はお近くの皮膚科医院へ相談してみましょう。


佐久総合病院 皮膚科 佐藤 勇樹先生