JA佐久浅間

耳より情報

いきいき健康相談 【その他】

子宮筋腫

子宮筋腫とはどのような病気ですか。
最近月経の量が多く、友人に相談したところ「子宮筋腫じゃないの?」と心配されました。子宮筋腫とはどのような病気ですか?(20代・女性)

女性の4人に1人は持っている良性腫瘍

子宮は胎児を守り育てるところで、伸縮性のある平滑筋という筋肉でできた袋のような臓器です。子宮筋腫は、その壁に筋肉由来の良性腫瘍のコブができることをいいます。筋腫は良性のため、ほかの臓器に転移することはありません。筋腫は月経のある女性の4人に1人は持っているともいわれています。


主な症状と対症療法

筋腫のできる部位や大きさによっても症状は異なりますが、一般的には下腹部の痛みや月経の出血量が多くなるなどの症状がでてきます。その出血量が多いと貧血がすすみ、動悸や息切れ、だるさが出てくることもあります。ほかには不妊や流産、早産、頻尿、便秘などの原因になることもあります。症状が軽いうちは痛みがあれば鎮痛剤、貧血があるなら鉄剤を内服してもらうなどの症状をやわらげる対症療法で様子をみます。
その対応で不十分な場合は、ホルモン療法を行うことがあります。女性ホルモンの一種であるエストロゲンの影響で子宮筋腫は大きくなることが分かっているため、エストロゲンの分泌を抑えるホルモン剤を点鼻、または注射して一時的に筋腫を小さくする方法があります。


手術の必要性

こうした治療でも症状のコントロールがつかない時は子宮筋腫のみを取り出す手術、子宮全体を摘出する手術があります。筋腫が不妊の原因と考えられる時、妊娠を希望する女性は、筋腫のみを取り出す手術を考えます。ただし、再発する場合があり、出産を終えて症状のコントロールが付かない時は、子宮摘出を考慮する場合もあります。
前述したように子宮筋腫は月経の量が増えることで貧血になりやすくなります。毎日の食事で鉄分を多く含むメニューを取り入れるよう心掛けてください。
月経の量が増えたこと全てが子宮筋腫というわけではありません。自分だけで判断せず、月経痛が強くなったり、出血量が増えているようなら早めに医療機関を受診してください。また、定期的な婦人科健診を受けることもおすすめします。


佐久総合病院 杉山 明子研修医