JA佐久浅間

耳より情報

いきいき健康相談 【目】

飛蚊症

目の前に小さな浮遊物が見えることがあります。病気でしょうか?
光がまぶしい部分や空を見つめたとき、目の前に小さな虫が飛んでいるように見えることがあります。痛みも無く、しばらくすると消えるのですが不安です。何かの病気でしょうか。(20代・男性)

硝子体の濁りが原因

ある日突然、あるいはいつの間にか目の前に蚊やゴミのような物が飛んで見えたり、雲のようなものが浮いて見えたり、墨を流したように見えたことがありませんか。
眼球の内部には透明な硝子体という組織がありますが、本来透明なはずの硝子体に何らかの原因で濁りができると、その影が網膜に映り、前述したような現象として目の前に見えるようになります。これが飛蚊症(ひぶんしょう)です。濁りの原因には、生理的なものと病的なものがあります。


症状はあっても病気ではないケース

病気ではなく飛蚊症を感じる場合があり、これには生理的飛蚊症と後部硝子体剥離があります。
母体の中に居る時間に消失すべき硝子体の中の組織がそのまま残り、飛蚊症として感じるものを生理的飛蚊症といいます。
もう一方の後部硝子体剥離は、飛蚊症の原因として最も多いものです。硝子体とその奥の網膜は普通ぴったりくっついていますが、老化や近視眼で硝子体が収縮すると、硝子体と網膜とは離れてしまいます。これが後部硝子体剥離という状態です。これらの飛蚊症は病気ではなく、治療の対象とはなりません。


自己判断ではなく早めの診断を

病的な飛蚊症の原因として、網膜に穴が開いてしまう網膜裂孔があります。網膜裂孔は、早急に手術を必要とする網膜剥離の前兆の場合もあるので、できるだけ早く診察を受けることが大切です。また、糖尿病や高血圧、目の打撲などが原因で、目の中で出血が起こると飛蚊症として感じます。安静とともに糖尿病、高血圧などの元の病気の治療が必要です。さらに、目に炎症があると飛蚊症が起こることがあり、これには炎症を抑える治療が必要です。
飛蚊症はあらゆる年齢層に起こりますが、多くの場合は心配ありません。しかし、飛蚊症は自覚症状が少なく、視力が低下したり痛んだりしないことが多いので、たいしたことはないと、受診せずに放っておいたため、網膜剥離や眼底出血などの重大な目の病気を見逃してしまい、失明することがあります。
飛蚊症の症状を感じたら、早めに眼科医の診察を受けることをおすすめします。


小諸厚生総合病院 眼科 大谷 壮志先生