JA佐久浅間

耳より情報

おら家の味 【煮る・蒸す】

大豆の寒天寄せ

材料(約10人分)

大豆・・・1合
砂糖・・・60g
塩・・・少々
棒寒天・・・1本

作り方

  1. 洗った大豆を一晩水(540cc)に浸しておき、浸け水ごと圧力鍋に入れて加熱する。圧がかかったら弱火にして15分ほど煮る。
  2. 火を止め、砂糖と塩を加えて混ぜ合わせる。
  3. 棒寒天を水で戻し、よく絞ってからちぎり、水(500cc)で煮て溶かす。2.と混ぜ合わせ、粗熱をとる。
  4. 容器に入れて冷蔵庫で冷やして固める。

「大豆は畑の肉」の名付け親はどいつだ

大豆は1885年に開かれたウィーン万国博覧会に日本の農産物として出品され、ヨーロッパ各国から高い栄養価が注目されました。中でもドイツは、豊富に含まれるタンパク質を高く評価し「大豆は畑の肉」をキャッチフレーズに自国栽培に挑戦したといわれています。結局は土壌が合わずに栽培は失敗に終わったものの、キャッチフレーズだけが広まり、浸透したといわれています。

«   おら家の味の一覧へ戻る   »