JA佐久浅間

耳より情報

おら家の味 【ごはん・麺】

小豆ほうとう

材料(3人分)

小豆ほうとう


A
中力粉・・・500g
塩・・・15g
ぬるま湯・・・220cc


小豆あん・・・お好みの量
カボチャ・・・300g

作り方

小豆ほうとう
  1. Aを混ぜ、よくこねる。ビニール袋に入れ30分寝かせる。
  2. 打ち粉をしながら1.を麺棒で2mmくらいの厚さにのばし、棒状に切る。
  3. カボチャを一口大に切り、砂糖と塩を効かせた多めの水で、柔らかくなるまで煮る。
    ※塩を効かせた汁で具材を煮込むと、味の輪郭がはっきりします。
  4. 3.に小豆あんと2.を入れ、ほうとうに火が通るまで煮込む。
    ※カボチャの煮汁と小豆あんで甘さを調節します。

小豆を食べて視力回復!

魔除けの効果があるとして行事や儀式などに使われ、古くから日本人の生活と密接に結びついてきた小豆。高い栄養価から薬用として食され、独特の風味や色合いから和菓子などの原材料に使われてきました。 小豆に含まれる栄養素のアントシアニンには、強い効酸化作用があり、目の周りにある毛細血管を強くし、血行を良くします。また、網膜内のロドプシンの再合成を促進し、眼精疲労の解消や視力を回復させる効果があるといわれています。

«   おら家の味の一覧へ戻る   »