JA佐久浅間

農業の情報

【果実】 加工ブドウ

詳細

特徴
JA佐久浅間大里加工ブドウ部会は、国内ワイン醸造会社と契約し、加工ブドウを生産。特殊な支柱を使い、悪天候時に垣根全体を包んで雨からブドウを守る「レインカット栽培法」を採用しています。
ワインの種類に応じて「メルロー」「シャルドネ」など5品種を栽培。醸造期に向けて安定した品質のブドウを出荷しています。
主な産地
小諸市
主な出荷先
完全契約栽培による工場出荷
年間出荷量
56トン
出荷時期
9月下旬~10月下旬
加工ブドウ