JA佐久浅間

農業の情報

【果実】 桃

詳細

特徴
産地特性を生かし晩生種を振興
当JA管内は高燥清涼な内陸性気候と最適な降水量によって、良質な果実栽培に適した産地です。
標高が高く県下でも遅場産地であることから晩生種の生産を振興。出荷時期を延長することで、生産農家の安定収入をめざします
主な産地
佐久市、小諸市
主な出荷先
関東、中京、関西、管内
年間出荷量
81,000ケース(2016年度実績)
出荷時期
7月下旬~9月上旬
桃