JA佐久浅間

農業の情報

【野菜】 冬至カボチャ

詳細

特徴
需要期に合わせ販路拡大をはかる
管内では2010年から試験栽培を開始し、品種選定や栽培技術の確立に向けて取り組んでいます。
抑制栽培による冬至カボチャは、12月を中心に市場に出回りますが、全体の約60%が輸入で占められています。国内では北海道や鹿児島を中心に生産されており、国産需要が大きくなる時期に合わせて販路拡大をはかる方針です。
主な産地
御代田町、佐久市
主な出荷先
県内、東京
年間出荷量
20t
出荷時期
11月下旬~12月上旬