JA佐久浅間

農業の情報

【果実】 プルーン

詳細

特徴
当JA管内は昼夜の寒暖差を生かし糖度や果肉が優れたプルーンを生産。出荷パックに生産者名入りのチラシを入れて、消費者に安心をPRしています。
主な産地
佐久市、佐久穂町、小諸市
主な出荷先
東京、名古屋、大阪、県内
年間出荷量
70,000ケース(4kg/ケース)(2014年度実績)
出荷時期
7月下旬~10月下旬
プルーン

生産者情報

「美味しい」のひと言が一番の幸せ
内藤一政さんは妻の太都美さんと佐久穂町海瀬の圃場でプルーンを栽培しています。「サンプルーン」を主力に、県オリジナル品種の「サマーキュート」「オータムキュート」等を生産。苗木の間隔を広く取ることで日照量を確保するとともに、整枝剪定や摘果、除草作業等の効率化を図り、圃場管理の省力化を実践しています。「お客さんから『美味しいプルーンをありがとう』と言ってもらえるのが一番の幸せ。これからも心を込めて生産に励みたい」と話しています。