JA佐久浅間

農業の情報

【加工品など】 稲発酵粗飼料

詳細

特徴
自給飼料の安定供給をはかる
管内では2003年に立科町で約10haの作付けが始まり、現在は2市1町で約50haに拡大。年間を通じ、管内の酪農家や肉牛用肥育農家に供給しています。
耕畜連携のもと、生産体制を整備し、品質の良い稲発酵粗飼料の安定供給に取り組みます。
栽培面積
約50ha
収穫時期
9月上旬から約1カ月
栽培農家
約100戸
主な産地
佐久市、立科町、東御市