JA佐久浅間

農業の情報

【花き】 茜ボケ

詳細

特徴
当JAは、山間の遊休農地対策に花木栽培を推奨。露地栽培した枝を温室の中で温度や水分、湿度を調整し、開花させる「ふかし」技術を取り入れています。
休眠状態の花芽を芽吹かせて市場へ出荷。管内の厳しい寒さにさらした花木は、蕾の付きが多く色が鮮明で日持ちが良いことから好評です。
主な産地
佐久穂町
主な出荷先
関東、大阪、県内
年間出荷量
4,500束(1束/3~5本)
出荷時期
12月下旬~1月中旬
茜ボケ